人生を楽しむためのお金の使い方

資産運用、投資、節税などなど。人生を楽しむためのお金の使い方を考えたいブログ。

貯金ができないと嘆く方々へ

 

 

貯金ができない、とお悩みの皆様。

 

私も貯金は苦手です!!!

 

 

今回は、それなのにどうやって貯蓄をするのか、というお話。

 

f:id:fpmeguru:20190719131710j:image

 

 

 

 

貯金をするには強い意志と目標が必要

 

 

まずは貯金についてですが。

強い意志と目標があれば出来ます。

※これがあっても無理な場合は、収入と支出のバランスが悪い可能性があります。これは後述します。

 

 

問題はこの「強い意志と目標」なのですが…

 

普通に日常生活を送っているだけじゃ、持ち続けるのはなかなか難しいです。

 

 

例えば

 

  • 結婚資金を二人で貯めるので、1年間2万円ずつ貯金する。
  • 欲しいバッグがあるので、2ヶ月で10万円貯金すれば買える!
  • お給料を貰って1万円別口座に入れて、これは絶対に使わない!!

 

など。

 

自分1人よりも、ご夫婦などで一緒にやると長続きするかもしれません。

人の目があるので。笑

 

 

 

「そうは言っても、この収入じゃ貯金なんてできないよ!」

 

という方。

 

手取り15万円。都内一人暮らし。固定費除いたら2〜3万円しか手元に残らない…

 

 

こういう方は、まず固定費の見直しから始めるべきだと思います。

携帯代、家賃、光熱費、保険など。

 

 

それでも状況が変わらない場合、今は貯蓄できる環境ではないということです。

(新入社員の方は、服や靴や鞄や小物を買ったり、引っ越ししたりと、最初に必要な出費があるので、このような状態になる事も多いです。)

 

ボーナスが入るか、昇進するのを待つか、転職をするか、副業をするか…

 

 

固定費除いて2〜3万円しか残らない!

って方は、生活のバランスを考える方が先かもしれません。

(ここについてはそれぞれの事情がありますので、一概にこうすれば良いよ❗️というのは言えません…)

 

あ…一応、年金払っていれば、貯蓄&保険は最低限できている事になるので、全然貯金できないからといってそこまで悲観することもないです。それが何十年も続くようだと厳しいですが。

 

 

 

ちなみに私は、社会人1年目、手取り20万円で1年間で100万円貯めました。

 

どうしてもやりたい事があって、入社して早々、会社は1年で辞めようと思っていました。(今思うと、なんという世間知らず…)

 

 

勿論これは他の環境も良かったからで、実家暮らしだし、休みが平日だったので、友達と遊びに行く事もほとんどありませんでした。

仕事の服装も制服貸与。私服で行って更衣室で制服に着替えて出勤なので、新しく買い揃えたものもほとんどなかったです。

 

思えばこの頃が、一番お酒飲んでなかったなー。笑

 

 

 

貯蓄のコツは「自動的に」「すぐに使えなくする」こと。

 

 

それでは、普段の生活で、ついついお金があると使ってしまう…という方は、どうすれば貯蓄できるのか。

 

 

これは

「自動的に」(「強制的に」)「すぐに使えなくする」

ことが大事だと私は思います。

 

 

「自動的に」(「強制的に」)というのは

  • 給与天引き
  • 口座引落
  • クレジットカードの引き落とし

などで貯蓄することです。

 

「すぐに使えなくする」というのは

  • 生活用口座と貯蓄用口座に分ける(これだとすぐに引き出せてしまうので、強い意志が必要)
  • お金以外のもの(株、債券、投資信託など)に変える。※元本割れのリスクが伴います
  • 期限や目的が定められているもの。それ以外は引き出せない、ペナルティがある(財形貯蓄、貯蓄型保険など)

など。

 

 

iDecoが良い例だと思います。

 

iDecoは、月々5000円〜(上限はその方の職業や会社の年金制度によって変わります)、掛金を支払い、商品を運用します。

掛金は、毎月指定した口座から引き落とされます。

 

そしてこれ、原則60歳まで受け取れません。

 

「自動的に」引き落とされ、「すぐに使えない」という、老後資金を貯めるのに優れた制度です。

 

 

※ただし、手数料や制約が厳しいなどの観点から、やらない方が良い人もいます。

iDecoは所得控除が魅力的ですが、所得のない方、少ない方は恩恵を得られません。

また、住宅資金や教育資金など、老後資金よりも先に貯めなければいけない資金がある場合も、自由が効かなくなるので、オススメしづらいです。

 

※他にも色んな規約があります。また、元本保証のない商品もありますので、リスクを伴います。利用する際はご自身の判断でお願い致します。

 

 

 

具体的にはどのようなものがあるの?

 

 

貯蓄のコツだけ説明しても、結局具体的にどんなものがあるの?って、わかりづらいですよね。

 

ここでは私がやっている貯蓄方法を紹介します。

 

ちなみに、収入や生活環境は人それぞれなので、どの金融商品も合うもの合わないものがあります。
(この貯蓄をしている現在、実家暮らし独身です)

皆様のヒントになれば幸いですが、投資や保険の加入はご自身の判断でお願い致します。

 

 

 

【iDeco】

先ほどもご紹介したiDecoです。

全額所得控除と運用益非課税。

※受け取る時は課税されます…控除はありますが。

 

【つみたてNISA】

20年間運用益非課税。投資信託。

 

【投資信託】

楽天証券の投資信託はクレジットカード決済ができます。※楽天カードのみ

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))(楽天VTI) 

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500

 

【純金積立】

楽天証券の純金積立

 

【貯蓄型保険】

60歳くらいまで持っていると、解約返戻金が払込額の100%以上戻ってくるっていうやつ。

 

※【小規模企業共済】

こちらは会社等の役員が加入できる制度です。

全額所得控除。役員辞めた時に受け取れる。

 

 

↑ここまでが「自動的に」「すぐに使えなくする」もの

 

 

【投資】

株、ETF、ソーシャルレンディング

(資金が貯まった時に随時購入。)

 

↑「すぐに使えなくする」もの

 

 

このように。

私は「貯蓄」はしていますが、「貯金」には今のところ、お金は回していません。

※何かあった時のために、働き始めて10年間で貯めた貯金300万円はあります。

1年で100万円、9年で200万円…⁉️

やはり目的がないと、なかなかお金は貯まりませんね。あと、一人暮らしは固定費がかかってなかなか貯金に回せない…。

 

 

こう見ると、老後2000万円問題は、このまま働き続けられればなんとかなりますね。

(確定しないのが不安材料ではありますが…。保険は途中で保険金がおりれば解約返戻金は少なくなるし、小規模企業共済は貸付担保の制度もあって会社が関連してくることなので、一概には言えない。)

 

後は、他の資金をどうやりくりするか!

 

 

もし今後、もう少し貯蓄を増やしたい場合は

投資信託(楽天カードで5万円まで引落しできる)

投資(米国株、米国株ETF中心に)

をやろうかな。

というか、他のものは上限いっぱいでやっているものが多いので、これくらいしか増やせないです。

 

逆に、貯蓄に回すお金を減らす場合は

①iDeco

②投資信託、純金積立

③つみたてNISA

④小規模企業共済

の順番で減らします。

保険は払う金額は減らせないし、小規模企業共済は所得控除が大きすぎてここは続けておきたい…‼️

 

 

 

 

未来に投資しすぎて、今が苦痛だったら意味がない!

 

 

今までどのように貯蓄をするかをお話ししてきましたが、

元はといえば「何故貯蓄するのか」が大事なのです。

 

未来への不安。これも大きいと思います。

 

 

私は、人生を楽しくするために、ある程度準備しておくくらいの感覚です。

 

計画性がないのは良くない。

でも、苦痛になるまで節約したり、やりたい事や欲しいものを全て我慢していたら、今の人生が辛くなってしまいます。

 

 

いくらお金があっても、心身が不健康だったら…それは果たして幸せでしょうか?

壊れた心や身体は、元に戻すのは困難です。

 

 

自分自身のバランスを見極めて、マネープランを考えることが大事です。

使うべき所は使って良いんですよ。無駄遣いさえしなければ。

 

 

今を楽しく生きて、将来にお金を残す。

 

 

そんな風に、今後も取り組んでいけたらと思います。