人生を楽しむためのお金の使い方

資産運用、投資、節税などなど。人生を楽しむためのお金の使い方を考えたいブログ。

幸せの形もお金の使い方も人それぞれ。


ブログのタイトルを
「人生を楽しむためのお金の使い方」
にしたのも、意味が込められていまして。


幸せの形って、人それぞれです。




それなのに、人は何故か「善」と「悪」に分けたがります。



お金以外の価値観でもそうですが。


「善」と「悪」は、誰かの考える「得」と「損」ではありません。



お金がなくても幸せに生きている人もいるし
お金があっても不幸な人もいます。

家族と幸せに過ごしている人も
独身で楽しく生きている人もいます。

仕事が好きな人も、嫌いな人もいます。



他人とお金の話をする時に、私がしないように心がけているのは
「自分の意見や価値観を押し付けること」
です。



幸せの形や、こだわりたいポイントは、人それぞれなので。



例えば
持ち家=負債

という考え方がありますが。



私、単身で郊外の新築マンションを買いました。



「持ち家=負債」の考え方の人には、それは絶対に損をする‼️と言われるかもしれません。


でも私は、昔から「家」というものが好きで、不動産サイトを見るのが趣味だったり、色んなお部屋の間取りを見て、ニヤニヤしているような人でした。笑



勿論、色んな条件が揃ったというのもあります。

  • 働くのが好き。これからも働き続けたい。
  • 転勤がない。
  • 一人暮らしをしたい。
  • 立地条件や設備、価格などを考慮して、住みたいと思える物件を見つけた。
  • 引越し資金くらいの貯金はあった。
  • 1年以内に大きな出費の予定はない。(結婚式や車の購入など)
  • 実家が近い。

など。



勿論、賃貸派の意見も理解できますし、これから環境が変わりやすいお年頃なら、持ち家なんて(しかも女性で)やめた方が良いと何度も言われました。


まぁ、結局
欲しかったから買っちゃった。笑



でも実際、本当に購入するとなったら不安になりましたね。


もし、働けなくなったらどうするんだろう。って。


そのために、住宅ローンに付帯している保険を調べて、どの金融機関でローンを組むか考えたり(ほぼ全額借入の予定なので、金利上乗せはしない方向です)、必要なら民間保険に入ったりするのですが。


また、この時真剣に不労所得についても考え、それまで株主優待が楽しみでやっていた投資に加え、配当金や分配金を受け取れるような投資の方向にシフトしたりもしました。



お金というのは、私たちが幸せになるための道具です。



道具は、持っているだけで、使わなければ意味がありません。


節約するべき所はして、使いたい所では使う。
使いたい時にちゃんと用意できるように、節約する所は節約する。


というのが、私のお金との理想の付き合い方。

(「使う」というのは、消費だけでなく、投資に回したり、保険に入ったりというのも含めています。)




先程言った、不労所得について真剣に考えた私ですが、不労所得を得たいと思ったのは

  • 大きな額の月々の固定費(住宅ローンの支払い)が確定するから、給与以外での所得がないと不安。今の会社で、今のお給料なら払っていける額ですが、その環境がずっと続くとは限らない。
  • 老後の生活で、年金だけでは暮らしていけなさそうなので、不労所得を得たいと思った。


このような理由です。



アーリーリタイアを目指して不労所得を得たいと考える人も多いと思いますし、それは良いことだと思います。


そういう人たちはきっと、労働が嫌いだったり、他にやりたい事や大事なものがあるから、アーリーリタイアを目指すのだと思いますが

労働者=負け組


と言われてしまうと、少し悲しいと感じることがあります。



働くことで、周りに認められたり、誰かの(社会の)役に立っていることが嬉しかったり。
大人になっても、みんなで頑張ることが青春っぽくて好きだったり、結果が出た時に自己肯定感が上がったり。


私は「仕事」に「お金」だけでなく、そういうものも求めていたりするので、働くことは割と好きです。(職場環境に恵まれているのかもしれませんが。)




車やバイクにこだわりがある人もいるし
海外旅行が好きな人もいます
服や靴や鞄などをたくさん欲しがる人もいます


みんなそれぞれ違う価値観を持っていて、
たまに「えっ⁉️そのお金勿体ない‼️」と思うこともありますが。



大事なのは、その人たちそれぞれのバランスですね♪

何でもかんでも我慢がきかないのは良くないですが、
逆に、何でもかんでも我慢していたら、限りある人生の大切な時間が、つまらないものになってしまいます。




今を楽しみつつ、将来への備えも大切にしつつ、お金と良い関係で付き合っていけたら良いなぁ。