人生を楽しむためのお金の使い方

資産運用、投資、節税などなど。人生を楽しむためのお金の使い方を考えたいブログ。

OwnersBook体験記

 


OwnersBookに登録してみた時のことを書きます。











OwnersBookとは…
1万円からできる、不動産投資のクラウドファンディングです。



不動産投資って、多額の資金がないと出来ないものと思いがちですが、この方法なら、少額でも不動産投資ができます!




きっかけは「分散投資をしたい」と思ったことでした。



数年前まで、「貯蓄」といえば「銀行口座への預金」しかしていませんでした。

しかし、いくら銀行口座にお金を預けていても、この低金利の時代、全っっっ然増えません。




そこで、数年前から「投資」「節税」に興味を持ち始めました。



その時やっていた投資は

  • 投資信託(積立)


そろそろ、不動産投資もやってみたいかも??
と思いましたが、何百万という余裕資金はありません…。

そして、マンションも購入したため、住宅ローンを組んで不動産投資をする事もできません…。



少額で、不動産投資できる方法はないかな?と調べていた所、こちらの不動産投資クラウドファンディングに辿り着きました。
 



まずは投資家登録をする。


OwnersBookの募集している物件に投資するには、投資家登録が必要です。



OwnersBookのサイト、もしくはアプリから、「投資家登録する」という所を開きます。


f:id:fpmeguru:20190802012157j:plain:w300


必要事項を記入し(本人確認書類とマイナンバー確認資料が必要なので、用意しておくとスムーズです。)、投資家登録が完了するのを待つだけ!



審査に通過すると、簡易書留でハガキが送られてきます。



それをOwnersBookの方が、受け取った確認が出来たら、投資家登録完了です。



投資家登録が完了するとメールが届きます。



だいたい申請してから、1週間弱で実際に投資できるようになります。
(連休や年末年始、長期休み等でこの期間は変わりますので注意。)




入金する


投資をするためには、口座に入金しないといけません。



トップページに出てくる「入金する」を押すと、口座の情報が出てくるので、そこに入金します。
 



いざ、投資!


入金ができたら、早速物件に投資してみたいと思います!



私が登録をした時は、運良く2つの案件が募集していたので、1つずつ投資してみました。



良い案件はすぐに埋まります。あらかじめ口座に入金しておくのがGOOD


「投資できない」との噂も立つOwnersBook…。
それは、良い案件はすぐに埋まってしまうからです。

募集総額が少ないものは、その分埋まるのも早いです。




新しい案件を募集する前にメールが届きますが、「本日◯時より!」…って言われても、そんな急に入金できる状況じゃない!って事ありますよね。仕事中かもしれないし。
※2019.07現在、混雑緩和のため、募集開始時刻を発表しない事がほとんどです。



なので、OwnersBookで不動産投資の額増やしたいなーと思っている場合は、あらかじめ口座に入金しておいた方が良いと思います。
 




「応援する気持ち」の投資


私がOwnersBookの不動産投資を選んだのは、「投資するものがわかりやすいから」という理由もあります。



結構細かく物件の情報も載っていますし、正確な所在地を記載するのは禁止らしいので載っていないにしても、ちょっと調べればわかってしまうのでは…?とも思います。


「この建物、私出資したんだよね〜♪」と思える満足感??笑



「投資」って勿論「お金をプラスにする」という目標も大事ですが、「応援する気持ち」もあると、より楽しめると思うんです。




私の場合は、株も、「この企業が好き!」という理由から、購入することも多いです。


自分の好きな商品を作っている企業に投資して、少しでもそこに「関われた」という満足感。(ほぼ自己満足ですけどね。笑)
それで、自分のお金も増えたら嬉しいなぁと。





私は、すごく稼いでいるわけでもなく、投資にたくさん注ぎ込める金銭的余裕もありません。


更に、リスクはあんまり取りたくないですし、多少なりとも現金は持っていないと不安ですし、「なくなっても生活がちゃんと保てる」程度しか、投資に回す事もできません。



なので、投資で「大儲け」できる可能性は、限りなく低いと思っています。(コツコツとプラスにはできるかもしれません。)




でも、投資って楽しいよ!勉強になるよ!色んなことに興味持つようになるよ!というのは伝えられたら良いなぁと思っております☆