人生を楽しむためのお金の使い方

資産運用/投資/節税/資格試験/趣味のお話など。人生を楽しむためのお金の使い方を考えたいブログ。

身内が詐欺にあいまして。〜「忙しい」という心の盾〜

 

 

母親と祖母が、詐欺にあいました。

 

f:id:fpmeguru:20191017231812j:image

 

半年ほど前に同居している母親が。

そしてつい最近、近くに一人で住んでいる祖母が。

 

 

詐欺というのは、「焦り」を利用して判断能力を低下させるものが多く、人が焦る要因の一つは、「時間がない」ことです。

 

他人から見ると

いやそれ怪しいでしょ…

と思えても、その時の当人には、正確な判断力は失われているのでしょう。

 

 

危機管理能力や危険察知能力が低いのもあるとは思いますが、これに関しては脳の衰えだったり、世代の違い(特に小さい頃からインターネットに触れている私たちと、そうでない世代には、インターネットへの理解の部分で大きな違いがあるので、これは個人の責任というには可哀想なことだと思います)だったり、色んな要素があるので、「気をつけてね!」と言われて治るものでもないです。

 

だから、ご年配の方が狙われやすくなるのでしょう。

 

 

 

問題は

何故一人で解決しようと思ってしまったのか

 

何故、実際に行動する前に(お金を振り込むとか、クレジットカードの番号を入力するとか、口座番号を教えるとか…)の前に、相談してくれなかったのか

 

 

という所だと思うんです。

 

 

 

これって

私たちが、「忙しい」という言葉で、心の盾を作っていたせいなのかもしれない

と思いました。

 

 

 

「忙しい」って言われると、何も言えなくなってしまう経験、皆様にもありませんか?

 

 

例えば、恋人同士の場合。

 

「忙しい(からしばらく会えない)」

「忙しい(から連絡返せない)」

「忙しい(邪魔しないで)」

 

たった一言の「忙しい」という心の盾を構えられることで、言われた側は、何も伝えられなくなってしまうのです。

…いや、そんなの気にせず何でも言う人もいるとは思いますが…。大抵の人は、少しは遠慮してしまうのではないかな。

 

 

私も、それで何も話さなくなってしまった経験があります。

 

日々のちょっとした出来事から、きちんと相談したい事、精神的にちょっと頼りたいなって思った時。

 

「あ…でもきっと仕事中だもんね」

「忙しい時にこんな連絡して、迷惑かもしれない」

 

そして、LINEを打つ手を止めたり、通話ボタンを押す手を止めてしまいました。

 

 

逆に、心の盾を構えて、相手を遠ざけてしまった経験もあります。

 

26歳の時、大学の同級生の結婚式があったのですが、当時私は仕事を夜遅くまでやっていたのもあり、「ご飯行こうよ!」ってお誘いも、「ごめんその日は仕事で(T_T)」と、断ることが多かったのです。

 

その結婚式の時に

「来てくれて本当にありがとう!!めぐるちゃん、いつも忙しそうだから、来てくれないかと思った!」

と言われて

 

あ…そんな風に思わせてしまっていたんだ。

 

と、すごく悔やみました。

 

きっと、ご飯の誘いも、結婚式を招待してくれる時も、「断られるかもしれない…」という気持ちもありながら、誘ってくれていたんだな。

 

 

また仕事でも、忙しそうにしている上司には、話しかけづらいっていう経験、ありませんか?

一生懸命空気を読んで、今だ!って時に話しかけたら、「忙しいんだけど!何!?(怒)」なんて言われた日には。

ホウレンソウ全てがダメになる瞬間ですね。笑

 

しかもそれで、自分の判断で進めて間違えると、また怒られるんですよね。

相談しろ!→自分で考えろ!→相談しろ!…の繰り返し。

意思の疎通が全くできていないですね。

 

 

「忙しい」は、心の距離を遠ざけてしまう言葉なのかもしれません。

 

 

詐欺にあった母親も祖母も、「なんかちょっと変だな…」と思った部分はあったそうです。

 

でもその「違和感」を誰にも話さず、事を進めてしまいました。

 

 

せめて、電話をくれていたら。

 

 

「今仕事中だろうから、出ないだろうな…」

「今出かけてるし、邪魔しちゃ悪いな…」

と、思ってしまったのかな。

 

 

家族って距離感が難しくて、機嫌が悪い時に当たってしまったり、イライラをそのまま出してしまったり、冷たく言い放ってしまったこともあります。

 

 

そういうことの積み重ねだったのかな…。

 

 

 

その後、母親も祖母もすぐに周りに相談してくれたため、被害総額はそこまで大きくなりませんでしたが。

 

本人たちも相当ショックだったと思います。

 

 

 

「何か不審に思ったり、不安になった時は、いつでも連絡してね!」

「今週は忙しくて会えないけれど、この日は絶対に空けるね!」

「ごめんちょっと手が離せなくて、この仕事が終わったら聞くから、ちょっと待ってて!!」

 

 

「忙しい」という言葉を、自分の都合で使いたいなら、その一言で良いと思いますが。

 

相手にきちんと信頼してもらったり、頼ってもらいたい場合には、もう一言、もうひと工夫、必要なのではないかな。

 

 

自分の周りの大切な人と、きちんと信頼関係を築けるように頑張りたい、と思った出来事でした。