人生を楽しむためのお金の使い方

資産運用/投資/節税/資格試験/趣味のお話など。人生を楽しむためのお金の使い方を考えたいブログ。

モデルルーム見学記~2日目 物件B~

 

こんにちは、めぐる(@fpmeguru)です。

 

今回はモデルルーム見学2日目、物件Bに行ってきました!

 

 

f:id:fpmeguru:20191114140610j:image

 

 

モデルルーム見学記

 

見学回数:11回
見学した物件数:5件(うち何度も行った所2件)
期間:約3ヶ月

 

 

 

 

過去のモデルルーム見学記

 

以前までのモデルルーム見学記はこちら↓

モデルルーム見学記~1日目 物件A~ - 人生を楽しむためのお金の使い方

 

 

物件Aに初めてのモデルルーム見学に行ってから、仕事の繁忙期も重なり、3週間ほど経ちました。

 

f:id:fpmeguru:20191110000302j:plain「もしも〜し。…え?今日行けなくなった!?」

 

 

仕事後に友達とご飯に行く予定が、まさかのドタキャン

 

f:id:fpmeguru:20191114134721j:plain(私もう駅まで来ちゃったんだけど!どうしよう。

…あ、そういえば、この近くに売り出し中の新築マンションあったな。今から電話したら見学させてもらえるかな〜)

 

 

その時18時くらいで、微妙かなーと思いましたが、連絡したところ、快くOKしてくれました!

 

 

そんなわけで、急遽決まったモデルルーム見学2日目!!

 

今回の所は既に建築済で、モデルルームは実際の物件の中の1部屋にありました。

 

 

 

モデルルーム見学の流れと時間

 

今回見学に行ったのは物件B。

 

・新築マンション(建築済 入居前)

・最寄駅より徒歩10分

 

 

今回のモデルルームの流れは

 

 

必要書類記入(約30分)

名前・住所・電話番号・年収などの個人情報。希望の間取り、他に見学に行った物件・回数などのアンケート。以前行った物件Aの検討中のお部屋の価格なども聞かれました。

物件の設備や構造の説明、周辺環境の説明等(約30分)

建築済の物件で、実際に見学しながら説明してもらえる部分が多かったため、前回の物件Aより時間は短めでした。ここはCM?プロモーションビデオ??みたいなものはありませんでした。

物件・モデルルーム見学(約1,5時間)

設備の説明などをしてもらいながら、お部屋や共用部分を見学。

実際に目で見て確認できると、イメージもつきやすい!!

家具が置いてあるモデルルームだけではなく、入居が決まっていない空いているお部屋も見学できました。

補足説明・質疑応答・試算等(約30分)

その時募集されていたお部屋が価格的に厳しかった部分もあり、試算などもせずに、資料だけ貰って帰ったので、ここはあまり時間がかかりませんでした。 

 

計3時間ほどかかりました!

 

 

 

建築前物件vs建築済物件

 

前回行った物件Aは建築前で、モデルルームも物件とは少し離れた事務所(?)みたいな所にありましたが

今回の物件Bは既に出来上がっている物件だったので、マンションそのものを見学することができました!

 

 

建築済物件の良いところは

生活のイメージがしやすい!!

 

特に、生活の導線(駅(駐車場)→エントランス→(宅配ボックス、ポスト等)→エレベーター→お部屋)が実際に体験できるので、入居後に「こんなハズじゃなかった…」っていうのは少なくなるかも。

 

あとは、共用施設も見学できるのが良いですね。

建築前物件のモデルルームって、お部屋の中の設備などは揃えているけれど、共用部分は模型とかイメージ図でしか見られないんですよねー。

 

 

しかし建築済の物件は、既に売り出していることが多く、良い条件のお部屋は埋まっている傾向にあります。

駐車場が必要な方は、既に敷地内は空いていなかったり、入口から遠い所だったり。

 

それでも、良い条件のお部屋が見つかることもあるんですけどね〜☆(これはまた次回以降!)

 

 

 

写真を信じちゃダメ!!笑

 

こちらの物件、私は事前にHPなどで確認していて、エントランスの写真がすごーく壮大で豪勢で、期待して行ったのですが…

 

実際に見てみてビックリ。

 

f:id:fpmeguru:20191114230013j:plain「ちっちゃ!!!」

 

どうやって撮ったらあんな風になるんだ…笑

 

 

写真に騙されてはいけません。笑

 

 

もちろんこの物件だけではありませんが、実際に見てみると全然違う!!!っていうこと、よくあります。

逆に、写真ではそうでもなかったけど、良いなぁ〜って思う所もありました。

 

 

なので、モデルルーム見学はなるべくたくさん行った方が良い!!と私は思います。

ほんと、写真や資料ではわからない部分が、たくさんあります!!!

 

 

 

マンションのスケールがなんとなくわかった

 

エントランスもそうですが…

マンション自体も、「ちっちゃ!!」って思いました。(これも写真のせい。笑)

 

 

ただ、実際に物件を見れたおかげで

「◯◯戸だと、だいたいこのくらいの大きさ」

※お部屋ではなく、マンション自体の大きさ

というイメージができるようになりました!

 

 

戸数が多いところは、共用施設も充実している傾向がありそうです。

 

 

 

価格の折り合いがつかず

 

こちらの物件は、価格の折り合いがつかず、候補から外すことにしました。

 

 

一応事前に価格も調べて行ったのですが。

 

マンションの広告って

3LDK ◯◯◯◯万円〜❗️

みたいに書いてありますよね。

 

実はこの最低価格のお部屋って、最後の方まで売ってくれないことがあります。

 

 

私が行った時に売りに出しているお部屋が、ほぼ全て4000万円以上で、住宅ローンを組んで一人で返していくにはキツイかも…(というか、当時の私の収入じゃ、そこまで借りられないかも)

と思って、見送りました。

 

 

最低価格のお部屋は、いつ売り出されるかはわからず、「このお部屋が出たら買いたいです!」という予約(?)みたいなこともできないそうで。

 

 

時期が不確定だし、立地や設備などを考えても、高すぎるな…という(私個人の)判断でした。

 

 

 

最後の一戸は家具付でモデルルームをそのまま販売!?

 

後日談です。

 

もう別の物件の購入をしていたのですが、こちらの物件の販売業者の方より電話がかかってきました。

 

 

最後の一戸になりまして、モデルルームとして使用していたお部屋を、家具などはそのままで販売しております!」

 

 

ほー、これはお得かもしれない!!(。・ω・。)

そういうの揃えるのも結構お金かかるもんねー。

しかもモデルルームってセンス良いしね。かっこよくできてるし!

 

 

ちなみにここ以外でも、同じような連絡が来た物件があって、こういう売り方をすることもあるんだな〜と初めて知りました。

 

 

 

比較対象が出来て、購入意欲もUP☆

 

最初にモデルルーム見学に行った時には、わーすご〜い素敵ー❤️くらいの感想でしたが笑

 

2回目ということで、色んな比較もできて、購入意欲もアップ!現実味も帯びてきました。

 

 

例えば

「あれ?物件Aにはこの設備が標準装備だったけれど、物件Bはオプションでプラス料金でつけなきゃいけないんだ〜」

とか

「エレベーターで、ペット乗ってるのが分かる(ペット乗っていますボタンがあり、エレベーター到着前に光るので、乗ってくるのがわかる)のすごい!!物件Aのエレベーターには、こういう機能ついているのかな?」

とか。

 

 

物件Bは残念ながら条件が合いませんでしたが、帰宅後、さっそく次に良いと思っていた物件Cの見学予約を申し込みました!!

 

 

 

続く☆